セミナー・講演会

  1. ホーム
  2. セミナー・講演会
  3. 《テーマ別研究会 「人事・労務担当者交流会」就業規則の見直しと運用のポイント【会員限定】》

《テーマ別研究会 「人事・労務担当者交流会」就業規則の見直しと運用のポイント【会員限定】》

◆ぜひ、ご参加いただきたい方◆

☑ 就業規則が時代に即していない、労使トラブル、新しいリスクに対応できていない。

☑ 同一労働同一賃金、テレワーク、ハラスメントなどへ対応したい。

☑ 他社の就業規則を参考に見直しを検討したい。

 

 目まぐるしく改正される労働関係法令や社会情勢の変化に対応して就業規則を整備することは、多種多様な人事労務に関するトラブルから会社を守ることにつながります。本交流会では、自社の就業規則のリスクチェックを行い、“法改正や増加傾向にあるトラブルに強い就業規則”に向けた見直しとその運用のポイントについて意見・情報交換を実施します。
 今回の交流会では、第1部で労働問題の実務経験豊富な使用者側弁護士が、事例を交えつつ就業規則の重要性や作成・運用のポイントを解説いたします。第2部では、弁護士を交えて、参加企業同士で就業規則についての課題や困りごとについて意見・情報交換を実施いたします。
 県内企業の人事担当者のネットワークを広げる貴重な機会でもあります。ぜひご参加ください。

日時 2021年2月22日(月)13時30分~16時30分(受付:13時00分~)
場所 名古屋商工会議所ビル5階 D会議室
名古屋市営地下鉄 東山線・鶴舞線「伏見」駅 5番出口より徒歩5分
講師 ●那須・岩﨑法律事務所
  弁護士 岩﨑友就 氏
2000年 中央大学法学部法律学科卒業
2001年 名古屋弁護士会(現愛知県弁護士会)登録

●西脇法律事務所 
  弁護士 佐藤有美 氏
  2007年 名古屋大学法学部卒業
  2011年 南山大学大学院法務研究科卒業
  2012年 愛知県弁護士会登録 

愛知県経営法曹団所属の使用者側弁護士として、労働問題を中心とした多くの案件に携わる。
内容(予定) 第1部 講演
1.“人事トラブルから会社を守る強い就業規則”とは

2.社会情勢の変化(コロナ禍等)と法改正への対応

3.どのような視点で自社の就業規則を見直し、適切に運用すべきか

第2部 情報交換会
人事労務上のトラブルを起こしやすい項目について、「規定の見直し」と「運用面」について、弁護士を交えて、少人数のグループで情報交換およびディスカッションをします。
その他 ◆本交流会参加者限定の法律相談会(先着2社・無料)を実施します。
実務経験豊富な弁護士が対応いたしますので、この機会にぜひお申込み下さい。
個別相談会:当日(2/22) 16:40~17:30 (50 分)

ご希望の場合は、『その他の連絡事項、事前質問』の欄に「法律相談希望」とご相談内容とあわせてご記入ください。
お申込み方法等 1.参加費用・定員
無料(愛知県経営者協会 会員企業様限定 先着16名)※申込みは1社1名まで。
※企業同士の情報交換会の性質上、コンサルティング業、士業の方の参加はご遠慮ください。

2.申込方法
①下記「お申込みフォーム」をクリックして入力ください。
②FAXによるお申込み ⇒ 以下「案内チラシ」をご利用ください。

3.注意事項
①キャンセルのご連絡は、2021年2月16日(火)までにお願いします。
②参加証は発行いたしません。当日、直接会場にお越しください。
③この申込書でご提供いただいた個人情報・採用情報は、本交流会の受講者資料として使用し、ご本人の同意なく目的外の利用を行うことはありません。

添付資料 案内チラシ(pdfファイル:174kb)